同志社大学アニメーション・ヴォイス研究会とは

『同志社大学アニメーション・ヴォイス研究会(略してDUAL;DoshishaUniversityAnimation&voiceLab.)。事の発端は2004年2月。男は叫んだ。「なんでうちの大学にはアニ研がないんだ?!」。

アニメーション冬の時代。アニメーションは未だ娯楽文化としての市民権を得られぬまま、多くのファンたちは世を忍ぶ隠れオタクの姿で一般人の中に介在していた。だが、彼らの多くはみたされていなかった。クラスメイトと流行のドラマの話をしていても、カラオケで一般ミュージシャンの曲を歌っていても。心にある虚無を消し去ることができぬのだ。なにせ彼らが本当に好きなのはアニメでありアニソンだったのだから。

男は知っていた。彼らの嘆きを。

男は愚かだった。隠れオタクとして生きる術を知らなかった。

男は叫んだ。『アニメサークル作ろうぜ!』

男には、仲間が居た。

そんなこんなでどういうわけか知りませんが、同志社大学にはアニメーション関連のサークルが見当たらなかったので、せっかくだから作ってしまったのがDUALです。

設立目的は、まず、先述のような事情で同じ趣味を持つ人がかなり見つけにくいアニメファンの人達にとって、このサークルが交流を深められる場所になれば、ということ。

それから日本の経済を支えるオタク文化(実際オタクショップは不況に強い!)は研究対象としても有用な気がするのでそっち方面を研究したい人も是非。』

今年設立10周年を迎える同志社大学アニメーション・ヴォイス研究会では声優イベントに加え、学園祭でのメイド喫茶の出店や同人誌の発行など様々な活動を行っております。

詳しい活動についてはイベントページをご覧下さい。

また入会希望、お仕事のご依頼や質問等あればこちらまでご連絡を頂ければお答え致します。(基本的な質問事項はQ&Aにも載せております。)

yuyumyon.fantasy*docomo.ne.jp

(お手数ですが、「*」を「@」に変えてお願いいたします。

あまりにも、関係のないメールが多く簡単な自衛手段を講じさせていただきました。)

尚、24時間以内に返信を要する緊急のものに対して即座に反応が返せない場合があります。

その点をご了承いただきますよう、お願い致します。

広告